カート(買い物かご)をみる ログイン ご利用案内 お問い合せ
RSS

広島の離島、大崎上島で育つレモン

中原農園は、橋の架かっていない広島県の離島「大崎上島」にあります。中原さんは、海に囲まれ穏やかな時間が流れる大崎上島で、家族とパートさん数名でレモンの栽培に取り組んでいらっしゃいます。
ここは温暖な気候で雨が少ない土地でレモンの栽培に適している場所です。(世界の主な産地はアメリカのカリフォルニア州、地中海、スペインなどですが、大崎上島はこれらの気候にとても良くにています。)降雨量が少ないので味が濃い、美味しいレモンが育ちます。



中原さんが育てる華やかな香りのレモン

果物の無農薬での栽培は難しいと言われています。そんな中、中原農園さんでは、化学肥料・化学農薬を一切使用せずにレモンを育てています。堆肥にもこだわりをもち、きのこ栽培で使用されたおがくずなどを独自の配合で混ぜて、畑に施しています。この時、肥料分を与えすぎないのがコツだと仰っていました。丁寧にレモンの木を剪定して樹をのびのびと育てています。

輸入のレモンは酸味がきついものが多く、甘味や風味はあまり感じられないものが多いです。しかし、中原さんのレモンは口に入れると、甘味をしっかりと感じることができ、口いっぱいに華やかな風味が広がります。とても美味しいので是非一度、お召し上がりください☆


【定期購入】も可能です。お手数をお掛けいたしますが、ご希望の場合にはメールまたはお電話でご連絡ください。



希少な国産レモン

日本での国産レモンの流通量は約4〜9%と言われており、非常にすくないのが現状です。その中でも無農薬で育てられたレモンは希少なものとなっています。

ポストハーベスト、ワックスは使用していません!

多くの輸入レモンは収穫された後に、防カビ剤などのポストハーベスト()をかけられて出荷されます。また、長期間の輸送に耐えられるようにワックスが使用されます。
こちらのレモンは上記のようなワックスや農薬は使用していない安心なものです。レモンは果肉だけでなく、皮も楽しめる果物で、皮のほうが果肉よりも強い香りがします。レモンティーやマーマレード、すりおろして薬味にするなど、皮もいろいろな用途でお楽しみください。
レモンはポストハーベスト、ワックスを使用していない安全で安心なものを選んでください☆
※ポストハーベスト:収穫した後の農作物に使われる農薬のこと。イマリザル、オルトフェニールフェノールナトリウム、チアベンダゾールなどの薬品

こんなにすごい!レモンの力

レモンのビタミンCは、かんきつ類の中でトップの含有量です。 ビタミンCは血管を丈夫にして血栓動脈硬化高血圧などの予防に効果があるといわれています。 またレモンの果汁には殺菌作用抗酸化作用にがあるといわるクエン酸が、皮にはポリフェノールのルチンが含まれ、それぞれビタミンCの働きをサポートする役割を果たします。
クエン酸は体内に溜りがちな疲労物質を分解し、心身のストレス症状を緩和する効果があるとされています。ルチンにはビタミンCの吸収を早めたり、栄養分が体外に流れ出すのを防ぐ働きがあるといわれています。


商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜5件 (全5件)

1件〜5件 (全5件)