カート(買い物かご)をみる ログイン ご利用案内 お問い合せ
RSS

赤色色素に栄養が沢山!

ロシアの伝統料理「ボルシチ」の材料として有名なビーツ(ビート、ビートルートとも言います)ですが、世界各国でビーツの栄養価に注目が集まり、健康野菜として人気が高まっています。

飲む血液と言われるほど高栄養価>
ビーツは、「飲む血液」と呼ばれるほど、リン、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、鉄、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。鉄は、体に吸収しやすい形で含まれています。そのため、特に貧血の方にはぜひ召し上がっていただきたい野菜です。 また、ポリフェノールや食物繊維も豊富に含んでいます。

<抗酸化力に優れるビーツ>
体内で過剰になると、老化を促進してしまう活性酸素をご存知でしょうか?
活性酸素は過剰になると、正常な細胞をサビつかせ、生活習慣病の発症や老化を早めてしまいます。そこで、この活性酸素の働きを抑制する「抗酸化力」が必要となります。体にはもともと抗酸化力を生産する働きはあるのですが、現代では紫外線やストレス、農薬などで活性酸素が過剰になる傾向にあります。そのため、抗酸化力のある食べ物を摂りいれることが必要とされています。
ビーツの赤色色素はベタシアニンという物質です。そして、このベタシアニンには強い「抗酸化力」があることが分かっています。 アントシアニンなどの赤色色素を持つ野菜は多いのですが、抗酸化力が非常に強い”ベタシアニン”という色素をもつ野菜は極わずかなんです。

<世界で注目を浴びるビーツ>
もともとイギリスでは、ビーツは健康に良い野菜として食べられており、ビーツのジュースが人気でした。
また近年では、ビーツにはNO3が含まれるという研究結果を受けて、ビーツの良さが世界中に知られるようになり、世界中で人気がじわじわと広がってきています。
では、このNO3の働きとは何かというと、血管に働きかけ、血流を良くして血管を若返らせてくれるそうです。血流が良くなると酸素や栄養が体の隅々まで行き渡るので、冷えが緩和されて体が温かくなります。栄養が行き渡ることで細胞が若返り、体を若々しくしてくれます。



商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜2件 (全2件)

ビーツ(1kg)

ビーツ(1kg)

1,000円(税込 1,080円)
在庫切れ
ビーツ(3kg)

ビーツ(3kg)

2,700円(税込 2,916円)
在庫切れ

1件〜2件 (全2件)